300万円以上借りるならば銀行カードローンがオススメ

300万円以上借りるならば銀行カードローンがオススメ

一度に300万円以上という高額借入れをしたい時、何処の金融機関が良いかと言えば、これ位の高額となると銀行で融資を受けるか、カードローンの選択がオススメです。消費者金融でも多くの大消費者金融では最高利用限度額が500万円となっています。
初めの限度額が50万円であったとしても、借入や返済の利用を繰り返して行く事で信用を得ながら増額をしていけば、時間は掛かりますが高額の借入れも可能になります。

 

消費者金融ではこのようにして利用できる枠を広げて行く事になりますが、銀行での融資やカードローンであっても一度に300万円を借りるのは難しいと言えます。それでも全く可能性がない訳ではありません。

 

 

【300万円以上の借入れができる金融機関】

 

先程も触れたように消費者金融であっても最高借入限度が500万円になっている所も多いので300万円以上の借入れは可能になります。ただしその場合、消費者金融は総量規制の対象となっている為、年収の1/3以下までの借入れに制限される為に900万円以上の年収が必要になります。300万円以上の高額融資となると、例えば利用をしている消費者金融で増額の申込みをする時には、借入額が50万円を超える為に収入証明書の提出を求められ、厳しい審査が行われます。初回の借入れについては更に厳しい状況となり、消費者金融での300万円の借入れはかなり難しいと言えます。

 

一方銀行では、三井住友銀行やオリックス銀行のように300万円までならば収入証明書の提出をしなくても良い銀行も有ります。それでも審査では利用者の属性や事故情報等をしっかりと調べられるので、収入証明書の提出の必要が無いとは言え厳しい審査となる事には変わりありません。

 

このように何処で300万円を借りるにしても最低限の条件を満たすだけでなく、高額融資を受けられるだけの信用が必要になります。教育資金や事業資金、車の購入代金等の目的があるのならば、カードローンの利用ではなく目的別ローンを組む事を検討した方が良いでしょう。

 

 

 

 

〈300万円を借りると毎月の返済額と利息はどの位になる?〉

 

300万円を借入れた場合、毎月どの位の返済額になり、その内の利息はどの位になるのかと言うと、例えば三菱東京UFJ銀行から300万円を借入れるとします。その場合は金利は7.1%になりますが、これを24か月で返済するならば毎月の返済額は134,453円となります。その結果完済するまでに支払う金額は3,226,879円となり、利息等に掛かる金額は226,879円となり、これが元金300万円に対して掛かる利息となります。

 

毎月の返済額が13万円以上となるのは通常の家庭ならばとても辛い支払い額となります。毎月の返済額を軽減すると、返済の期間が延びる事になります。

 

返済額を48か月にすると毎月の返済額は71,978 円となり賃貸物件の家賃と同レベルの出費となります。支払い総額は3,454,917円になりますので、元金の他に利息として454,917円を支払う事になります。

 

また更に毎月の負担を減らす為に72ヶ月払いにすると毎月の返済額は51,291 円となり、支払い総額は3,692,926円となり692,926円も元金の他に余計に支払う事になります。月払いの回数を増やすごとに毎月の返済額が減り負担も軽くなりますが、利息の総支払額は益々増加します。そして毎月の返済額も72ヶ月払いにしても5万円を超える金額となります。
6年間もの長い期間5万円以上の金額を毎月返済する事によって、300万円に対して70万円弱の利息が発生します。支払う利息の合計を少しでも減らすには、繰上返済や一括返済を都合の良い時に行う事をお勧めします。

 

 

 

 

【300万円の借入れをするなら銀行を利用する】

 

300万円を借りられる金融機関を探すならば、消費者金融ではかなり難しくなります。総量規制を考慮した年収があるとしても、300万円を借りるとなると前にも触れた通り利息がかなり高額となります。
それならば初めから銀行での借入れを視野に入れておくと良いです。銀行では教育ローンやオートローン、リフォームローン、医療ローン、フリーローンと様々なローン商品が用意されています。何らかの目的がある借入れならば、専用のローンを申込む方法もあります。
それでも少しでも早く借入れをしたい、簡単に申込みをしたいという事ならば銀行カードローンが良いでしょう。インターネットやATMでの申込みができるので、申込みのしやすさで言うならば銀行カードローンに勝るものはないかも知れません。

 

300万円もの高額な借入れをするには、申し込む金融機関の選択は重要になります。